読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野心系着実男子のブログ

野心はあるものの石橋を叩きながら渡る男のブログ

多様性についての良い話

よく多様性を認めるための例えとして使われる言葉

桜梅桃李

語源はよくわからないが

桜は桜

梅は梅

桃は桃

季は季

それぞれの良さがあるし

他の木になろうとしてはいけない

ということのようだ。

 

素敵な言葉だと思うしこの言葉の含んでいる意味は

これだけではないようだ。

 

桜も梅も桃も季もそれぞれ花を咲かす

しかしながら時期が違うのだ。

桜も梅も咲く時期は違うがそれは優劣ではなく違いだ。

 

そしてもう一つ

どの植物も花を咲かせ身を結ぶとのこと。

 

人に例えると誰しもが違っていて

誰しもが花を咲かせ身を結ぶことができると言っている。

また、植物は恵まれた環境よりも

少し厳しい環境くらいの方がよりよく育つらしい。

 

長い人生で輝く場所も時期もそれぞれ違うが

皆が皆、自分の良さを発揮できれば良いと

切に思う。