野心系着実男子のブログ

野心はあるものの石橋を叩きながら渡る男のブログ

パッケージ化により差別ができる

先日私、デジタルハリウッドのプログラミングコースの説明会に参加してきました。

 

バナー作成やwordpressなどのウェブ系のスキルを学びたいと言う

以降があったからです。

 

しかし、残念ながら検討から外してしまいました。

理由は簡単です。

期間が長いことと、費用が高いことです。

 

簡単にサービスの概要を説明すると。

こんな感じでした。

期間:6ヶ月間

費用:50万円

内容:PCにおける動画学習 講師には質問し放題

営業時間:平日 12:00〜21:00  :休日12:00〜22:00

 

私今時点では雇われの身ですので

正直平日の19:00などに仕事が終わることはほとんどありません。

また平日の学習だけとなってくるとなかなか継続しないため

できればリアルな講習も欲しいところです。

まとまった時間を取ることができるのは土日になりますので

可能であれば土日だけ参加2ヶ月でマスターできるコースというものがあれば

積極的に検討したいと思っています。

 

授業あたりの単価はそれほど安さは求めません。

例えば90分の授業であれば5000円くらい払う覚悟はあります。

90分✖️2コマ=10,000円/週✖️4=40,000円/月✖️2ヶ月であれば

なんら問題ありません。

 

そもそもわざわざ時間とお金をかけてプログラミングを学びたい層って

通常の仕事もかなり頑張っているのではないでしょうか?

そのような方向けのパッケージングをする事によって

ずいぶんと収益や稼働率も変わってくると思います。

 

実は私将来的にはこんな事業をやりたいんですよね。

 

できるだけコストを分かりやすくして成果が見えやすい自己研鑽の場

プログラミンング版グロービスといった形でしょうか?

競合はすでに多く出てきておりますが

まだまだ何かしらの差別化ポイントは出せるのではないかと思っております。